トップ > すべての商品 > バターナイフ

バターナイフ

商品コード : ss-00692
製造元 : オケクラフトセンター
価格 : 1,430円(税込)
129
ポイント : 7
数量
 

発送方法、同一商品同梱可能数はページ下部記載の通りです。送料詳細はご利用ガイドを参照ください。


 

■家でも外でも使いたい、素朴でタフなバターナイフ。




置戸町が誇る地域のクラフトブランド、オケクラフト。「ハードパンにぴったりなバターナイフがほしい」と思ったとき、私たちの頭に浮かんだのがオケクラフトセンター森林工芸館の青木千恵美さんと、アトリエもくれんの老泉まゆみさんでした。

いつも私たちの相談に親身に対応してくれる青木さんなら、今回のややマニアックな要望も受け止めてくれるに違いないと思いましたし、何より、老泉さんが自由でユニークな小物づくりを得意とすることを知っていたからです。

「小物は制約が少なくて、とても自由。捨てられてしまうような端材でも、ほとんど余さず使えるのもいいところ」と老泉さんは言います。工房でよく扱っている材の中からカバ材を選んだ理由は、大きく2つ。

「ハードパンと雰囲気が合い、野外で使う時にもしっくりくる色味」であること。「カリッと焼いたハードパンに使ってもへたらない硬さ」があること。何度か試作品を送ってもらいながら、小回りの利くサイズ感になるように調整をお願いしました。



持ち手にはあえて削り跡を残すことで、デザインに「一さじの面白さ」が加わり、かつ手に馴染む持ちやすさに。日々の食卓でもピクニックでも、タフに使いたいバターナイフができました。

 

■作り手 オケクラフト工房 アトリエもくれん(置戸町)




オケクラフトセンター森林工芸館は、置戸町が設立したクラフト文化育成と普及のための施設です。地域の工房と一体となって、作る、売る、使う技術の実践活動を行っています。町内のプロのクラフトマンの製品を集めたショップとして訪れる人も多くいます。

本州でオリジナルジュエリーを制作する会社に勤めていたという老泉さんですが、30代半ばで仕事を辞めて置戸町に移住。木をテーマにしたものづくり文化の発信拠点であるオケクラフトセンター森林工芸館の「作り手研修制度(現在の作り手養成塾)」の研修生になります。

当時、オケクラフトの商品づくりの主流は「挽き物(ひきもの)」と呼ばれる器類だったそうですが、老泉さんが注目したのは、カトラリーなどの小物でした。今ではオケクラフトのクラフトマンの一員としても活躍し、アトリエもくれんの根強いファンを獲得するまでになりました。

 

■商品詳細

 
商品サイズ:幅約2×長さ約16cm
商品素材:カバ材 ※桜材に変更になることがあります。
備考:
※手づくり品のため、掲載写真とは多少異なる場合があります。

 

■レターパックプラス発送(常温)


5点まで同一の送料でお届けします。
※システム上、1点ごとに送料が加算されます。ご注文後に送料を訂正のうえ決済いたします。

 

■お届けまでの時間目安


ご入金確認後5営業日で発送予定。

 

■熨斗


対応不可
 

オケクラフト(アトリエもくれん)関連商品

Phone Stand Have a SLOW time

Phone Stand Have a SLOW time

76

5,400円(税込)

ポットスタンド

ポットスタンド

129

2,200円(税込)

キッチンギフト

キッチンギフト

129

8,965円(税込)