トップ > FOODS > 昔ながらの庭先たまご

昔ながらの庭先たまご

商品コード : ss-00333
製造元 : ファームあるむ
価格 : 1,800円(税込)
567
ポイント : 9
数量
 
ギフト

4/29〜5/9休業です。各商品の発送方法・同一商品の同梱可能数はページ下部に記載されています。送料の詳細はご利用ガイドを参照ください。


 

■健康的に育った鶏の産む、庭先たまご


道北・士別市のファームあるむで飼育されるのは、黒に近い褐色の羽に赤い鶏冠の、ネラという卵肉兼用品種。敷地内に並ぶ小屋の中で自由に歩き回りながら餌をついばむ姿は、何とも微笑ましい光景です。

餌は、国産の塩以外すべて道産。自分たちの畑で育てた野菜や、酸化剤無添加の魚粉、ホタテの貝殻などを発酵させて与えます。発酵飼料が鶏の免疫力を高め、抗生剤を与える必要がないのだそうです。



 

■見た目でわかる、抜群の鮮度


あるむの原元貴さんが育てる鶏の卵は、適度に殻が固く、割ると黄身と白身がしっかり盛り上がっています。このたんぱく質(白身)には、黄身を細菌などから守る役割も。卵を割ると、横に広がることなくしっかりと留まる白身。黄身を箸でつまんで持ち上げることができるくらい、鮮度抜群です。「お菓子作りにも向いてるかも」とは、妻の敬子さん。泡立ちがよく、ケーキのスポンジの香りが違うのだとか。



 

■作り手 ファームあるむ(士別市)


道北・士別市のファームあるむは、本州から移住を果たした原元貴さん、敬子さん夫妻が、2012年に始めた養鶏場。きっかけになったのは、ある人から聞いた日本の食料自給率や食品廃棄問題のこと。「自分や家族、環境や周囲の人のために、これからの生き方は農業だ」。小さくても、地域に根差した循環型農業をやりたいと考えて、選んだ仕事が養鶏でした。



現代日本において、卵は珍しい食品ではありません。しかし、ひと昔前は1個100円ほどで取り引きされる高級品だったのだそう。雛は茶の間で大切に育て、大人になったら庭先での放し飼いがあたりまえの時代がありました。

品種改良や小さなケージで運動量を制限する飼育方法、システムの効率化の恩恵を受けて、気軽に卵を購入できるようになった今。その善し悪しを単純に論じることはできないけれど、「一生懸命卵を産んでくれる鶏がいる」ということを、忘れずにいたいものです。



平飼いが難しいのは、ひとつに鶏どうしの突き合いの問題があります。あるむでもそれは大きな課題でした。長く鶏を観察しているうちに、元貴さんはその原因をたんぱく質不足に見出します。卵を産むために消耗したエネルギーを補おうとする本能的な行動なのではないかと推測したのです。

狙い通り、煮た大豆を多めに与えるようになってから、突き合いは大幅に減少。鶏たちはツヤツヤとして健康的です。「ちょっとしたことで、鶏の行動や卵の質に影響が出る」と元貴さん。些細な手間を惜しまず、真摯に積み重ねる姿がありました。

写真下/鶏の餌として与えている、煮た大豆。


 



■商品詳細


商品内容:昔ながらの庭先たまご×20個

賞味期限:発送より21日

 

■宅急便60サイズ発送(冷蔵)


1セットまで同一の送料でお届けします。
※2セット以上ご注文の場合は発送サイズが変わります。

 

■お届けまでの時間目安


ご入金確認後4〜5営業日で発送予定 

 

■熨斗


対応可(同梱対応)
対応可能な熨斗は以下の通りです。ご希望の方は備考欄に記入してください。
・祝いのし紅白蝶結び
・祝いのし10本紅白結びきり
・祝いのし5本紅白結びきり
・仏のし黒白結びきり
 

ファームあるむ 関連商品

スモークチキンと昔ながらの庭先たまごセット

スモークチキンと昔ながらの庭先たまごセット

567

4,000円(税込)

ファームあるむのスモークチキン

ファームあるむのスモークチキン

567

3,300円(税込)