2019 Mar
21

家づくりは暮らしづくり-4

お施主さんと設計士さんのステキな関係

まぁとにかく、大島さん(特に、繁樹さん)は、こういった具合に1つひとつ、独自のこだわりを持っています。「家の外壁は黒がかっこいい」、「倉庫にガラッと入るような家がいいから、玄関は引き戸」、「絶対に土間は譲れない」など
など。「本当、全部に対してこだわりがあるんですよ。びっくりするくらいある」と苦笑いする羽渕さん。さぞかし、それらの注文を全て取り入れた家を設計するのは、骨の折れる作業だっただろうと思いきや、それが意外と楽しんでいる様子。

「『この屋根が低くていいっしょ〜』って最初に聞いたとき、これはなかなか手ごわいぞ、と。でも同時に、うれしかったですね(羽渕さん)」。

どうやら、お施主さんの思いやこだわりが強ければ強いほど、羽渕さんのプロ根性は喜んでしまうらしいので、やっぱりどう考えても今回の組み合わせは、最強チームのようです。

練りに練った設計図が出来上がり、次の段階へ進むことになったとき、どこの業者に工事をお願いするか、というのが次に考えなければならないことでした。この家の施工をまかせられるような、信頼できる心と腕を持つ人に建ててもらいたいというのが4人の当然の願いです。

ある日のこと、設計図を手にして当てもなく釧路市内を探し回っていた羽渕さんと繁樹さんの目に留まったのは、ある工務店が手がける建築物でした。

「面白そうな塀を作ってたんですよ。ふつう、このあたりではプラスチックとか既製品のものを使うじゃないですか。でも、板張りで緑色っぽい色を塗ってて。声を掛けたら、『こんなことやるのうちぐらいしかないよ』って。そこですぐ電話して、事務所へ設計図を見せに行ったんだよね(羽渕さん)」。

ねじりハチマキがトレードマークの桂田さん率いる職人さんたちとの、思わず運命的とも言ってしまいたくなるような出会いによって、人の熱がさらにヒートアップしたことは言うまでもありません。

かくして、賑やかになった現場では、桂田さんや大工さん、左官屋さんが真剣な眼差しで手を動かしていました。その周囲では設計図を手にした羽渕さんと山田さん。そして、足繁く通う大島さん。「こんなに何回も出てきて大丈夫なのかい」と、東京住まいの設計士を心配する桂田さん。こんなに毎日のように通ってくれる施主も珍しいと、腕まくりする職人さんたち。それぞれの思いが相互に作用して、この家づくりもいよいよ佳境に。各自のエネルギーが集まって、大島さんの家は一気に仕上がりました。

そして…新しい家の鍵が大島さんに引き渡された翌日の、気持ちよく晴れた土曜日の朝。繁樹さん、美奈子さん、羽渕さん、山田さんはソファーと脚の椅子を運び込みました。ソファーを定位置に置いて感触を確かめたり、椅子と一緒にあちこち移動して風景を眺め比べたり。

まだ何もない、静かな空間。人はそれぞれ、つい先日までの騒々しくも楽しかった日々を思い出しながら、これからこの場所で始まる日々への期待を膨らませているようでした。

家づくりは、暮らしづくり。暮らしをつくるということは、自分たちのこれからの生き方に思いを巡らすということ。

そこには、いくら時間をかけても足りないくらい、情熱を注ぐべきなのだということを、繁樹さんと美奈子さんは教えてくれました。そして、お施主さんのその思いを誰よりも理解、共有しながら、家という形にしていくのが設計士なのだということを、羽渕さんと山田さんは教えてくれました。

そうそう、施工中の家をわざわざ帯広から観に来た人たちがいました。かめ設計室が設計した家があると聞きつけてやって来たのは、以前一緒に仕事をしていた大工さんや、設計した家のお施主さんでした。

これからかめ設計室がつくる家を観にいきたいと思いますか?そう繁樹さんに尋ねたら、「もちろん、行くよ!そりゃあ、行くさ」と、嬉しそうに答えてくれました。横にいる羽渕さんがニヤリと笑います。

家が完成した後も、お施主さんと設計士さんのステキな関係は、まだまだしばらく続きそうです。ーおしまいー(「スロウvol.15」2009年夏号掲載 写真/高原淳)

家づくりは暮らしづくり-1
家づくりは暮らしづくり-2
家づくりは暮らしづくり-3
⬛家づくりは暮らしづくり-4 

 

話の主は…

かめ設計室

kamedesign.net

きょうの話は…

雑誌「northern style SLOW」vol.15 early summer 2008より

https://www.n-slow.com/books/books-225

※「northern style スロウ」は、2004年に創刊した北海道発の季刊誌です。
大自然の恩恵を受けながら、丁寧に心豊かに暮らしている人々を、これまでにたくさん取材してきました。
できるだけ多くの方々に伝えたくて、少しずつですがWeb Magazineで紹介していきたいと思います。
毎週月曜日に1話ずつ。ぜひお楽しみください。
http://www.n-slow.com/concept

category